geekbardlc.com

葬儀を執り行う際のポイント

故人や家族が尊重される葬儀

葬儀を執り行う際のポイント 現代では葬儀が大きな変化を見せています。昔とは異なり、故人や家族の意志がより尊重されるようになってきています。様々な文化や環境を背景とし、また家族関係や社会の状況などを反映するかのように、葬儀においても個人を尊重する動きが広まっています。かつてのように根拠のわからない因習やしがらみなどにとらわれることなく、純粋に故人を悼むことができるのが、現代の葬儀の良いところだといえるでしょう。しかし一方で、その動向を文化的な背景の喪失だとして危惧する声もあるようです。それでも現代社会は、葬儀の形態の選択肢の幅が今までになく広がっている時代だといえそうです。

葬儀の形態に選択肢が増加しても、大切な家族や友人を失うという悲しみは、いつの時代においても変化するものではありません。その悲しみやさみしさなどの表現の手段としての葬儀が変化してきているということです。ひと昔前まで、葬儀はどことなく陰湿なイメージがあったかもしれません。しかし、昔ながらの葬儀を見て育った世代が新たな発想のもと、自分の葬儀、またはお墓のことを考えるようになってきています。それとともに、若い世代においても、形式ばかりではない本当に気持ちのこもったお別れの形を重視する人も増えてきています。様々な方面で個人や個性が尊重される時代だからこそ、昔ながらの葬儀を忘れないようにする努力も必要となってくるでしょう。