geekbardlc.com

葬儀を執り行う際のポイント

故人の意志や家族の希望を優先することができる現代の葬儀

葬儀を執り行う際のポイント 葬儀には過去に長い歴史を持っています。そして、現在でも日本人にとってはいちばん多く行われている儀式といっても良いかもしれません。宗教的な儀式を行うことは、人の命を尊重していることの表れで、家族や親しい人との悲しい別れに魂の救いをも見い出しているということにもなっているようです。これは、葬儀という儀式を執り行うことで。少しでも悲しみを軽減するという目的がるということのようです。昔から行われているいわゆる伝統的な葬儀にでは、親戚や近所の人たちが駆けつけ、遺族を気遣い、様々な手助けをしていました。しかし、最近ではそんな様子もあまり見かけなくなっているようです。

最近の葬儀の場所は、自宅よりも斎場で行うことが多くなりました。葬儀を取り仕切る長老のような存在も少なくなったという理由にもよりますが、ほとんどの人が葬儀社に委託をしている状況にあります。そうすることで、古くから決まっているかのような伝統的な形も、様々に様子を変えていくことができるようになったのかもしれません。故人の意志や家族の希望を、伝統よりも優先することができるようになったということが現代の葬儀の形に表れているようです。無宗教、家族葬、さらには式そのものを行わない直葬なども増えています。形式ばかりにとらわれないことは悪いことではありませんが、新しい葬儀の形を選ぶには、周囲の理解も必要になるということは、以前にはなかったことのようです。

注目のキーワード